業種別ガイド

業種別ガイド

オフィス移転といっても業種ごとに、それぞれ事情がちがいます。業種ごとに必要なオフィス移転のポイントをご紹介いたします。。

業種別オフィス移転

コールセンターのオフィス移転

近年、特に増えているのが、お客様窓口や問い合わせコールセンターなどの独立オフィスです。一昔前までは本社ビル内などに設置されていましたが、電話受付は他の部署と勤務時間が異なったり、社外秘の漏えい防止などの目的で移転されるケースが多いようです。 > 続きを読む

福祉関係のオフィス移転

福祉関係事務所にもいろいろな種別はありますが、まず気をつけたいのが立地条件ではないでしょうか。ヘルパーを派遣するお仕事や、デイケアで一時預かる場合、また介護タクシーなどは、依頼者のお宅と事務所を行ったりきたりする機会が多くなるため、どうしても担当地域内か、程近いところにオフィスを構える必要があります。 > 続きを読む

クリエイティブ系オフィスの移転

デザイナーの方や漫画家、画家、彫刻家、仏師の方など、クリエイティブなお仕事をされている方の場合、オフィス内にアトリエや作業スペースを設けることもあります。まず物件選びの時点で、作業や業務が可能かどうかを調べる必要がありますね。 > 続きを読む

弁護士業のオフィス移転

他の業種より法律に詳しい分、コンプライアンスに敏感とはいえ、弁護士をされている方のオフィス移転は注意点が多くなります。弁護士オフィスの移転にはどのようなポイントがあるか、確認してみましょう。 > 続きを読む