オフィス移転マニュアル

オフィス移転マニュアル

オフィス移転マニュアルでは、移転のときに役立つ基本的な知識をまとめています。移転を検討されているなら、まずはオフィス移転マニュアルをご参考にしてください。オフィス移転コンサルティング会社に依頼するとしても、最低限知っておきたい情報についてオフィス移転マニュアルとして詳細に解説しています。もし、わからない点がありましたら、当サイトまでお気軽にお問合せください。

オフィス移転コンサルに依頼する前に

オフィス移転コンサルティング会社とは

考えただけでも気が遠くなるような膨大な業務をともなう移転。企業としては、労力・コストともに少しでも抑えたいところです。そこで頼りになるのが、オフィス移転プロジェクトマネジメント(PM)会社とも呼ばれるオフィス移転コンサルティング会社
> 続きを読む

オフィス移転コンサルティング会社の分類

移転を成功のためには、自社に合ったオフィス移転コンサルティング会社選びが前提となります。どうやって自社に合った会社を選ぶことができるのか?まずファーストステップとして「どんなオフィス移転コンサルティング会社があるのか」を知ること
> 続きを読む

オフィス移転コンサルティング会社への報酬

オフィス移転コンサルティング会社は、移転のシーンにおいて、かなり心強いパートナーといえますが、気になるのがオフィス移転コンサルティング会社への料金や報酬です。オフィス移転コンサルティング会社の料金体系や報酬の設定は
> 続きを読む

オフィス移転マニュアル

最初に検討すべき3つのポイント

賃貸オフィスを利用している企業は5-10年に一度はかならず賃貸契約の見直しがあります。この賃貸契約の見直しをきっかけにして移転を考えるタイミングになります。オフィス移転をするにあたり最初に考えなくてはならないポイントは3つあります。
> 続きを読む

立地選びで大幅なコスト削減も可能

オフィス移転というと一般的には「坪単価が高くて、広いスペースのオフィスに移転する」といったイメージ。しかし業態によっては、大きく増えた従業員数に対応するために、逆に坪単価の安いところへ移転してトータルのコストを下げるという戦略もあります
> 続きを読む

賃料コストの相場

日本経済においてデフレが長くつづいていましたが、それにともない、オフィスの賃料も長期に安定していました。しかし、今後も、いまの賃料の水準が継続するかどうかは分かりません。「インフレの進展」と「地価の動向」によって大きく左右する状況
> 続きを読む

最適なオフィスの広さとは?

「オフィスのスペースは、どれだけ確保することが最適なのだろう?」と、誰しも悩むところだと思います。企業によっても様々な考え方がありますので、一概には言えない部分もありますが、一般的なラインをお伝えいたします。
> 続きを読む

従業員の増員も想定しておく

オフィスは一度借りれば、少なくとも次の更新時期になるまでは継続して使うことになります。移転から3年から5年といった期間で、どれだけの従業員数の増加が見込まれるか?が、物件の選択にあたって大きなポイントとなります。
> 続きを読む

事業継承計画(BCP)について

大規模な震災を経験してから、BCP(事業継承計画)について関心をもつ企業が増えるようになっています。災害対策として、フロントオフィス(顧客に直接対応する部門)とバックオフィス(管理部門)を別とするという企業も増えてきている。なぜなら、
> 続きを読む

原状回復工事はトラブルに要注意

原状回復工事は意外に大きなコストが。ですから、移転の全体コストを抑えたいと考えるなら原状回復工事のコスト削減は重要なポイント。原状回復工事のコストをおさえることができれば移転の全体コストを下げることにつながります。
> 続きを読む

内装工事コストの相場

内装工事にはどれだけの予算が必要か?という問題ですが、ごく一般的なレイアウトと造作を考える企業であれば、坪10万円くらいがひとつの目安。ほとんど内装をいじらずに、居抜きで入居するような場合は、坪3万円以下といったケースも。しかし、
> 続きを読む

什器コストの相場

オフィス移転で、さらに必要となるのは什器の購入費用。増床となれば、これまで以上に什器が必要。一般的には、ほぼ従業員1人に対して5万円ほどの予算が必要。こうした什器類を購入して資産計上するのではなくリースにしてしまうという手もあります。
> 続きを読む

IT機器や電話など、移設コストの相場

移転で電話やパソコン端末などIT機器の移設をおこなうことも大きな課題。最近、ほとんどのビルがコンピューター制御をするようになり、ハーネス類が飛び交うようなことはなくなりました。しかし、IT機器の移設にあたっては、それなりの費用が
> 続きを読む

深夜に利用制限があるビルに注意

オフィスというと、場所やスペースのことに関心が集まりがちです。しかし、良い物件が見つかってもまだ安心できません。ビルによっては利用上のルールや制限があります。オフィス探しをするときに、しっかりと必須要件として組み入れておく必要が
> 続きを読む

斬新なオフィス運用には、経営発想の転換を

オフィスには、スペースやレイアウト上の斬新さだけではなくて、「運用の斬新さ」が適用されることもあります。たとえば、外資系のコンサルティング会社やIT会社などで一部採用になっているホテリングシステムです。ホテリングシステムとは、
> 続きを読む

営業車の駐車場コストに注意

営業用車両を多くかかえる企業にとっては、都心部にオフィスをかまえると大きな負担となるケースが。たとえば、100坪で賃料が月150万円、駐車代が月150万円。「賃料」と「駐車代」が同じ金額になってしまうといった不思議な事もあります。
> 続きを読む

オフィス環境を快適するポイント

快適なオフィス環境をつくるために最初に「現状のオフィスの問題点」をすべて出してみることが必要。もちろん、すべての問題が解決できるわけではありませんが問題点を理解しておくこと。このうえで快適なオフィス環境をつくるためのポイントをお伝えします。
> 続きを読む

オフィス移転にともなう事務的な作業

オフィス移転の日程が決定すると、そこからの逆算でこまかなスケジュールを決めていくことに。実際にオフィス移転の日程が間近となると、オフィス移転プロジェクトの一番の山場をむかえる。ここからは事務的なオペレーションが増えることになります
> 続きを読む