オフィス移転コンサルティング会社の分類

オフィス移転コンサルティング会社の分類

数多くのわずらわしい業務が必要となるオフィス移転。その心強い味方となるのが、オフィス移転コンサルティング会社です。

しかしながら、オフィス移転を成功のためには、自社に合ったオフィス移転コンサルティング会社選びが前提となります。

では、どうやって自社に合ったオフィス移転コンサルティング会社を選ぶことができるのか?

それには、まず、ファーストステップとして、「どんなオフィス移転コンサルティング会社があるのか」を知ることが大事です。

オフィス移転コンサルティング会社にもタイプがある

ネットで「オフィス移転コンサルティング会社」を検索してみると、数多くの業者があるのがわかります。たくさんある業者のそれぞれに特徴があり、業者によって得意分野も異なり、提供しているサービスも少しずつ違います。

そこで、オフィス移転コンサルティング会社にも分類があるのをご存知ですか?

オフィス移転コンサルティング会社というのは、「不動産に強い」「オフィスの内装に強い」「ITシステムに強い」とか、それぞれ特性があります。

企業グループや系列によって、主に次のように分類されます。また、分類ごとに大まかな特徴をまとめてみました。

・不動産会社系

不動産仲介会社や管理会社の1部門や系列の業者。移転先の物件に関する情報が豊富で、賃料の交渉に慣れている業者が多い。

・建設、内装会社系

建築や内装工事の会社の系列。各種工事に関してグループ業者の指定があることが多い。

・オフィス家具メーカー系

オフィス家具やオフィスサプライ企業の系列。オフィス家具の調達については系列メーカーの指定となることもある。

・IT系

ITメーカー、通信、システムサポートの企業の1部門や系列の業者。システムサポート企業では、特にオフィス移転コンサルティングをうたっていなくても、オフィス移転の際のネットワークやシステム構築に対応できる場合が多い。

・運送、引越し会社系

運送業や引越し会社では、法人向けにオフィス移転に特化したパッケージ商品を出している場合もある。

・設計、デザイン会社系

建築設計や内装デザインの会社の系列。デザインコンサルティングを得意としている。

・独立系

とくに企業グループや系列に属さずに、オフィス移転コンサルティングを手がけている業者。グループや系列等のしがらみがないので、中立に工事業者やオフィス家具メーカー等の選定をしてくれるところが多い。ただし、特定の工事業者等と提携していることもあるので注意が必要です。

この他にも、製造業に特化して工場の移転を専門にあつかう業者や、病院やクリニックの移転コンサルティングをおこなう業者など、特定の業界に特化したコンサルティング会社もあります。

オフィス移転の際は、自社の業界や業種にあわせて利用しやすいオフィス移転コンサルティング会社をしぼりこみましょう。その後、オフィス移転の目的やニーズを再確認の上、いくつかの業者に相談して、最適なオフィス移転プロジェクトを立案してくれる業者を選ぶようにするのがオススメです。