オフィス移転コンサルティング会社の選び方

オフィス移転コンサルティング会社の選び方

オフィス移転においてプロジェクト担当者となると、一般的に100項目以上におよぶ業務をこなさなければなりません。

移転先の選定にはじまり、新しいオフィスの内装、レイアウトのプラン作り、現オフィスの退去後の原状回復など、やるべき業務は山のようにあります。限られた時間の中で社内外の様々な部署や業者との折衝や調整・手続きを平行して行わなくてはいけません。

担当者にとっては、気が遠くなるようなわずらわしさです。このことから、オフィス移転は単なる引っ越しではなく、1つのプロジェクトといえます。それも会社の規模によっては壮大なプロジェクトになります。

頼れるオフィス移転のパートナーとは?

オフィス移転プロジェクトにともなう複雑な業務の負担を軽減し、プロジェクトを成功に導くために、担当者の心強い味方となるのがオフィス移転コンサルティング会社の存在です。

オフィス移転コンサルティング会社はオフィス移転プロジェクトマネジメント(PM)会社とも呼ばれ、オフィス移転の一連の業務を総合的に取りまとめクライアント企業をサポートします。

自社にあったオフィス移転コンサルティング会社の選び方

オフィス移転コンサルティング会社の選定はオフィス移転成功の大きな決め手となります。自社に合った業者を選ぶことが重要ですが、それには、どのようにして業者を選ぶべきなのかポイントをお伝えします。

コンサルティング会社に声をかける前に、まず必要なのが、自社のニーズや要望を明確にすることです。社内の各部署からいろんな要望が上がっている場合は、会社としての優先順位をはっきりさせましょう。

自社のニーズや要望が明確になったら、コンサルティング会社探しとなります。

ですが、ネットで検索するとたくさんの業者があるのがわかります。一見、どの業者が自社に合うのか見極めるのはむずかしそうですが、それぞれのオフィス移転コンサルティング会社には特徴があり、それにより提供するサービスも多少異なります。

系列や所属する企業グループによって、不動産会社系、建設・内装業者系、オフィス家具メーカー系、IT系、独立系などに分けられます。

各社のHPの事業案内などを見ると、どんな分野に強いのかおおまかにわかります。これまで手がけた事例をHPで紹介している業者も多いので、自社の業態に似たクライアントの移転経験があるかどうかも選ぶ目安になります。

例えば、IT環境を強化したいというのが第一の要望であれば、やはりIT系業者の得意とするところでしょう。社内のコミュニケーションや動線のムダをなくしたいということであれば、レイアウトが大事ですから、建設・内装業者系やオフィス家具メーカー系の業者が良いかもしれません。

ただし、系列やグループ会社の業者に依頼するには、少し注意が必要です。

「建設・内装業者系の業者に依頼したら、指定の工事業者しか使えなかった・・・。」「オフィス家具メーカー系の業者に依頼したら、そのメーカーの家具しか選べなかった・・・。」

こういったデメリットも生じます。そうした、しがらみを避けたいときには、こうした系列や企業グループに属さない中立的な独立系の業者もあります。

いずれにしろ、相談するのは1社だけではなく、複数の業者の担当者と会い、予算が合うかはもちろんですが、自社のニーズや要望を的確に把握してくれるところを選びましょう。