オフィス移転時の処分品や廃棄物

オフィス移転時の処分品や廃棄物

オフィス移転時にコンピューター端末や電子機器を一新したり、手狭になるからとコピー機を廃棄したりといった企業は多いようです。

これらを廃棄処分する際には、必ず信頼できる業者を利用し、情報漏えいを未然に防ぐことが大切になってきます。

コンピューターなど情報機器の廃棄

処分作業を行う多くの業者は、廃棄する機器のデータをしっかり初期化して、再利用しても前のデータが復旧しないように作業するところがほとんどです。

しかしその作業前にデータを抜き取ったり、下請けの処分業者がデータを復旧させて売りさばいたりといった犯罪も全くないとは言い切れません。

以下のような機器の廃棄には特に注意が必要です。
・コンピューター
・会社用スマートフォン
・フラッシュメモリなど記録媒体
・ボイスレコーダー
・コピー機
・スキャナー
・ファックス
・オフィス用複合機
・バーコードスキャン付きレジ
・コンピューターに連動できるプロジェクター
・BL、DVDなどの再生機器

こういった機器の中には程度の差こそあれ、情報を保存する媒体が入っていることがあります。

意外におもわれるかもしれませんが、実際にコピー機の中に残っていた情報が漏えいした事例などもありますから、処分の際は確実に初期化作業をしてくれる業者の選定が不可欠です。

ご自分でできる作業

コンピューターやスマートフォン、オフィス用複合機などの場合は、何回か前の作業を繰り返すことができるよう立派なメモリが入っていますが、家庭用と同じファックスやプロジェクターなどの場合は、「一つ前」の作業を繰り返せる程度の簡単なメモリしか備えていない場合が多いようです。

こうした簡単なメモリの場合は、処分業者に引き渡す前に主電源を一度切る、内部メモリをリセットした後で時報などの関係ない電話番号にかけるといったワンアクションをはさむことで、以前のメモリが消えます。

コンピューターの場合はハードディスクを取り外して引き渡す手段がありますが、オフィス用の場合はハードディスクが一体型で取り外せない場合もあります。

信頼できる業者を選び、しっかり処分してもらうのが一番の解決策です。

信頼できる業者選び

中古パソコンの無料引き取り、買取り等を行っている業者は多くが、中古商品としてデータなどを消去し、きれいな状態でオークションなどに出品するか、内部の金属を回収して、金属としてリサイクル業者に販売しています。

金属としてリサイクル販売している業者の場合、回収後一度も電源を入れずに解体に回すため、データを抜き取ることが実質不可能なので、オフィス機器でも安心して任せることができます。

中古パソコンを販売する業者の場合も多くが強磁気を浴びせたり、ハードディスクをドリルなどで破壊してデータを読み取れなくしますが、情報漏えいの危険性は少しあるといえます。

よく広告で見るから、知り合いが大丈夫だったから、といった選び方は個人のパソコンなら充分ですが、将来のある会社の場合はいくつかの会社を比較し、検討する必要があります。

業者に引き渡す前にご自分でハードディスクなどを壊しておくのもひとつの手段ですが、的確な部位の破壊が必要ですから、外側を壊して安心していたらデータの保存部分は無傷だった、という事例もあります。

スマートフォンやコンピューターなどは、初期化すれば新品の状態に戻ると思っている方も少なくありませんが、誤操作で初期化してしまったときのために、バックアップが取られていたり、データ復旧作業で簡単に元の状態に戻ることが多いものです。

大切な顧客情報や従業員の情報などが漏れないよう、データ機器の取り扱いや処分には細心の注意を払いましょう。