斬新なオフィス運用には、経営発想の転換を

斬新なオフィス運用には、経営発想の転換を

オフィスには、スペースやレイアウト上の斬新さだけではなくて、「運用の斬新さ」が適用されることもあります。

たとえば、外資系のコンサルティング会社やIT会社などで一部採用になっているホテリングシステムです。

ホテリングシステムとは、バックオフィスと呼ばれる管理部門以外は、コンサルタントに定位置の机がありません。机は1日ごとに予約して利用していきます。

この背景には、コンサルティングビジネスが、ほとんど得意先に出向いて仕事をしているため、固定費として人数分のオフィススペースを抱えることを辞めたという経緯があります。

こうした考え方は、オフィスの運用という単純なものではなく、企業戦略の一部となります。かりに、むかしからの日本企業がこうした仕組みを導入する場合には、大掛かりなチェンジマネジメント(経営発想の転換)が必要となります。

考え方は理解されても、定着するかどうかは、なりゆき次第ともいえるため、ハイリスクな導入策となります。

かなりしっかりとした導入施策を決めて実行しなければいけません。ともに、「これが会社のカルチャーだ。」といった経営層からの納得できる説明も必要不可欠となります。

ある意味では、新興企業で新たなカルチャーを打ちだそうとしている企業なら、スムースに導入できる可能性もあるといえます。